Refereed Journal Papers

  1. Yoshinori Dobashi, Kei Iwasaki, Makoto Okabe, Takashi Ijiri, Hideki Todo. Inverse Appearance Modeling of Interwoven Cloth. The Visual Computer (to appear) [Project page]
  2. Ryosuke Kawami,Akira Hirabayashi,Nobuyuki Tanaka,Takashi Ijiri,Shigeharu Shimamura,Hiroshi Kikuchi,Gwan Kim,Tomoo Ushio. Simple Compression Technique for Phased Array Weather Radar and 2-Dimensional High-Quality Reconstruction. IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems Vol.137 No.7, 864-870, (2017). [ J-Stage page]
  3. Takashi Ijiri, Atsushi Nakamura, Akira Hirabayashi, Wataru Sakai, Takeshi Miyazaki, Ryutaro Himeno. Automatic spin measurements for pitched Baseballs via consumer-grade high-speed cameras. Springer, Signal Image and Video Processing, pp 1–8, 22 Feb 2017. [ Springer page]
  4. Takashi Ijiri, Shin Yoshizawa, Hideo Yokota, Takeo Igarashi. Flower Modeling via X-ray Computed Tomography. ACM Transactions on Graphics, Volume 33, Issue 4, Article No. 48, July 2014.
    (SIGGRAPH 2014, Vancouver Canada, 10-14 August 2014.)
    [ACM digital library] [preprint] [video]
  5. 小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 黒嵜 健一, 白石 公, 中沢 一雄. 三次元心臓モデルのリアルタイム形状変形を実現するマルチタッチインタラクションシステムの技術開発. 医療情報学, Volume 34, Number 5, pp.221-232, 2014年12月19日. (Japanese)
    [project page]
  6. Masahiko Morita, Takehiro Tawara, Masaomi Nishimura, Shin Yoshizawa, Bukai Chou, Ippei Kuroki, Takashi Ijiri, Yuki Tsujimura, Ryutaro Himeno, Hideo Yokota. Communication Platform for Image Analysis and Sharing in Biology. International Journal of Networking and Computing, Volume 4, Number 2, pp.369-391, 2014.
  7. Daiki Ueno, Kazuhide Makiyama, Hiroyuki Yamanaka, Takashi Ijiri, Hideo Yokota, Yoshinobu Kubota. Prediction of open urinary tract in laparoscopic partial nephrectomy by virtual resection plane visualization. BMC Urology, Volume 14, Number 47, 13 June 2014.
    [Open access journal]
  8. Takashi Ijiri, Shin Yoshizawa, Yu Sato, Masaaki Ito, and Hideo Yokota. Bilateral Hermite Radial Basis Functions for Contour-based Volume Segmentation. Computer Graphics Forum, Volume 32, Issue 2, pp.123-132, 7 May 2013.
    (EUROGRAPHICS 2013, Girona, Spain, 6-10 May 2013.)
    [CGF page] [preprint] [youtube]
  9. Takashi Ijiri, Takashi Ashihara, Nobuyuki Umetani, Takeo Igarashi, Ryo Haraguchi, Hideo Yokota, Kazuo Nakazawa. A Kinematic Approach for Efficient and Robust Simulation of the Cardiac Beating Motion. PLoS ONE 7(5): 30 May 2012, e36706. doi:10.1371/journal.pone.0036706.
    [open access]
  10. Takashi Ijiri and Hideo Yokota. Contour-based Interface for Refining Volume Segmentation. Computer Graphics Forum, Volume 29, Issue 7, pp.2153-2160, 25 September 2010.
    (Pacific Graphics 2010, 25-27 September 2010, Hangzhou China.)
    [open access]
  11. Takashi Ijiri, Kenshi Takayama, Hideo Yokota, and Takeo Igarashi. ProcDef: Local-to-global Deformation for Skeleton-free Character Animation. Computer Graphics Forum, Volume 28, Issue 7, pp.1821-1828, 7 October 2009.
    (Pacific Graphics 2009, 7-9 October 2009, Jeju Korea.)
    [Online Library] [preprint(.pdf)]
  12. Takashi Ijiri, Radomir Mech, Gavin Miller, and Takeo Igarashi. An Example-based Procedural System for Element Arrangement. Computer Graphics Forum, Volume 27, Issue 2, pp.429-436, 14 April 2008.
    (Eurographics, 14-18 April 2008, Crete Greece.)
    [Online Library] [preprint(.pdf)]
  13. Takashi Ijiri, Takashi Ashihara, Takeshi Yamaguchi, Kenshi Takayama, Takeo Igarashi, Tatsuo Shimada, Tsunetoyo Namba, Ryo Haraguchi and Kazuo Nakazawa. A procedural method for modeling the Purkinje fibers of the heart. The Journal of Physiological Science, Volume 58, Number 7, pp.481-486, 18 October 2008.
    [Online Library]
  14. Kenshi Takayama, Takashi Ashihara, Takashi Ijiri, Takeo Igarashi, Ryo Haraguchi and Kazuo Nakazawa. A Sketch-Based Interface for Modeling Myocardial Fiber Orientation that Considers the Layered Structure of the Ventricles. The Journal of Physiological Sciences, Volume 58, Number 7, pp.487-492, 18 October 2008.
    [Online Library]
  15. Kenshi Takayama, Makoto Okabe, Takashi Ijiri, and Takeo Igarashi. Lapped solid textures: filling a model with anisotropic textures. ACM Transactions on Graphics, Volume 27, Issue 3, Article No. 53, 11 August 2008.
    (ACM SIGGRAPH 2008, 11-15 August 2008, LosAngeles USA.)
    NICOGRAPH 2009, CG国際大賞受賞優秀賞.
    [ACM Digital Library]
  16. Takashi Ijiri, Shigeru Owada, and Takeo Igarashi. Seamless Integration of Initial Sketching and Subsequent Detail Editing in Flower Modeling. Computer Graphics Forum, Volume 25, Issue 3, pp.617-624, 4 September 2006.
    (Eurographics 2006, 4-8 September 2006, Vienna, Austria.)
    [preprint(.pdf)]
  17. Takashi Ijiri, Shigeru Owada, Makoto Okabe, and Takeo Igarashi. Floral diagrams and inflorescences: Interactive flower modeling using botanical structural constraints. Transactions on Graphics, Volume 24 Issue 3, pp.720-726, 2 August 2005.
    (SIGGRAPH 2005, 2-4 August 2005, Los Angeles USA.)
    NICOGRAPH 2008 CG国際大賞審査員特別賞受賞.
    [ACM Digital Library] [preprint(.pdf)]

Refereed International Conference Papers (more than 3 pages)

  1. Chenmin Tang, Norihito Inamuro, Takashi Ijiri, and Akira Hirabayashi. Compressed sensing MRI using double sparsity with additional training images. in Proceedings of the International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP), New Orleans, LA, March 2017. (Refereed paper)
  2. Yoshinori Dobashi, Takashi Ijiri, Hideki Todo. Estimating Surface Roughness for Realistic Rendering of Fruits. IEVC 2017, Da Nang, Vietnam, 28 Feb - 3 Mar 2017. (Refereed paper)
  3. Hidetomo Kataoka, Takashi Ijiri, Jeremy White, Akira Hirabayashi. Acoustic Probing to Estimate Freshness of Tomato. Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) 2016, Jeju Korea, 13-16 Dec 2016. (Refereed paper)
  4. Ryosuke Kawami, Akira Hirabayashi, Nobuyuki Tanaka, Motoi Shibata, Takashi Ijiri. 2-Dimensional High-Quality Reconstruction of Compressive Measurements of Phased Array Weather Radar. Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) 2016, Jeju Korea, 13-16 Dec 2016. (Refereed paper)
  5. Motoi Shibata, Norihito Inamuro, Takashi Ijiri, and Akira Hirabayashi. High accuracy reconstruction algorithm for CS-MRI using SDMM. Asia-Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) 2016, Jeju Korea,13-16 Dec 2016. (Refereed paper)
  6. Akira Hirabayashi, Naoki Nogami, Takashi Ijiri, Laurent Condat. Sequential image completion for high-speed large-pixel number sensing. EUSIPCO 2016 Posters, Budapest, Hungary, 29 Aug - 2 Sept 2016. (Refereed paper (Poster)) [pdf]
  7. Takamichi Kojima, Takashi Ijiri, Hidetomo Kataoka, Jeremy White, Akira Hirabayashi. CogKnife: Food Recognition From Their Cutting Sounds. Proc. CEA2016: 8th Workshop on Multimediafor Cooking and Eating Activities, Seattle WA, 2016/7/15. (ICME 2016) (Refereed Paper (Poster))
    [project page] [author version (pdf)] [IEEE Xplore]
  8. Kazutaka Nakashima, Yuki Koyama, Takeo Igarashi, Takashi Ijiri, Shin Inada, Kazuo Nakazawa. Interactive Deformation of Structurally Complex Heart Models Constructed from Medical Images. Eurographics 2016, Short Papers, 09-13 May, 2016, Lisbon, Portugal. (Refereed short paper)
  9. Masahiko Morita, Takehiro Tawara, Masaomi Nishimura, Shin Yoshizawa, Bukai Chou, Ippei Kuroki, Takashi Ijiri, Yuki Tsujimura, Ryutaro Himeno, Hideo Yokota. Biomedical Image Communication Platform. Proc. International Symposium on Computing and Networking, pp. 281-287, (Int. Workshop on BioImage Recognition (BIR) 2913), Matsuyama, Japan, 4-6 December 2013. (Refereed paper)
    [ACM Digital Library]
  10. Takashi Ijiri, Mihoshi Yokoo, Saneyuki Kawabata, and Takeo Igarashi. Surface-based Growth Simulation for Opening Flowers. Proc. Graphics Interface 2008, pp. 227-234, Ontario Canada, 28-30 May 2008. (Refereed paper)
    Michael A. J. Sweeney Award (best student paper award).
    [ACM Digital Library] [preprint(.pdf)]
  11. Takashi Ijiri, Shigeru Owada, and Takeo Igarashi. Sketch L-System: Global Control of Tree Modeling Using Free-form Stroke. Proc. the 6th International Symposium of SmartGraphics, pp. 138-146, 2006. (Refereed paper)
    [Online Library] [preprint(.pdf)]

Other International Conference Presentation

  1. Sören Pirk, Bedrich Benes, Takashi Ijiri, Yangyan Li, Oliver Deussen, Baoquan Chen, Radomir Měch. Modeling Plant Life in Computer Graphics, SIGGRAPH 2016 courses, Anaheim, USA, 24-28 July, 2016. (Refereed tutorial) [project page]
  2. Yoshinori Dobashi, Takashi Ijiri, Hideki Todo, Kei Iwasaki, Makoto Okabe, Satoshi Nishimura. Measuring Microstructures Using Confocal Laser-Scanning Microscopy for Estimating Surface Roughness. SIGGRAPH 2016 Posters, Anaheim, USA, 24-28 July, 2016. (Refereed poster(1 page abstract))
  3. Yu Sato, Keiichi Akita, Takashi Ijiri, Yuichiro Tsukada, Masaaki Ito, Hideo Yokota, Norio Saito. The diversity of pelvic floor by MRI image analysis and histologic reevaluation of its anatomy. Asian Association of Clinical Anatomists, Busan, Korea, 3-4 Nov 2012. (Poster)
  4. Takashi Ijiri, Takashi Ashihara, Nobuyuki Umetani, Takeo Igarashi, Ryo Haraguchi, Hideo Yokota, Kazuo Nakazawa. An Efficient, Robust Framework For Simulating the Beating Heart. 23rd Conference of the Society for Medical Innovation and Technology, TelAviv Israel, 13-16 Sept 2011. (Abstract only)
  5. Yu Sato, Takashi Ijiri, Tatsushi Kobayashi, Hideo Yokota, and Masaaki Ito. Semi-automatic Segmentation Tool for Anal Sphincter Muscles. 23rd Conference of the Society for Medical Innovation and Technology, TelAviv Israel, 13-16 Sept 2011. (Poster) (Abstract only)
  6. Makoto Okabe, Kenshi Takayama, Takashi Ijiri, and Takeo Igarashi. Light shower: a poor man's light stage built with an off-the-shelf umbrella and projector. ACM SIGGRAPH 2007 sketches, San Diego USA, 5-9 Aug 2007. (Refereed talk (1 page abstract))
    [ACM Digital Library] [youtube]
  7. Takashi Ijiri, Kenshi Takayama, Takeo Igarashi, Takashi Ashihara, Tunetoyo Namba, Takeshi Yamaguchi, Tatsuo Shimada, Ryo Haraguchi, and Kazuo Nakazawa. The use of L-system for modeling Purkinje fibers. The 2nd MEI International Symposium: The Worldwide Challenge to Physiome and Systems Biology, Osaka Japan, 7-9 Dec 2007. (poster)
  8. Takashi Ijiri, Takeo Igarashi, Shin Takahashi, and Etsuya Shibayama. Sketch interface for 3D modeling of flowers. DVD-ROM publication at SIGGRAPH 2004 Sketches and Applications, Los Angeles USA, 8-12 Aug 2004. (Refereed talk (1 page abstract))

Book / Non refereed paper

  1. 井尻 敬、芦原 貴司、梅谷 信行、小山 裕己、五十嵐 健夫、原口 亮、横田 秀夫、中沢 一雄. Shape Matching法による心臓拍動のビジュアルシミュレーション. 生体医工学,Vol. 53 (2015) No. 3 p. 130-137.2015年10月29日. [Online Library]
  2. 金森 由博、井尻 敬、堀田 一弘、五十嵐 悠紀、德吉 雄介、安田 廉、山本 醍田、向井 智彦、梅谷 信行. Computer Graphics Gems JP 2013/2014 . コンピュータグラフィックス技術の最前線. ボーンデジタル, 2013年12月26日発売.
  3. 井尻 敬, インタラクティブな三次元画像領域分割, 精密工学会誌, Vol.79(6), pp. 493-496, 2013年12月5日. [Online Library]
  4. 三谷 純、五十嵐 悠紀、岩崎 慶、徳吉 雄介、吉澤 信、高山 健志、岡部 誠、向井 智彦、山本 醍田、辛 孝宗、井尻 敬、梅谷 信行、安東 遼一、原田 隆宏. Computer Graphics Gems JP 2012 コンピュータグラフィックス技術の最前線. 株式会社 ボーンデジタル,2012年8月27日発売
  5. 中沢一雄,原口 亮,芦原貴司,難波経豊,戸田 直,山口 豪,井尻 敬,高山健志,五十嵐健夫,倉智嘉久,池田隆徳. 心臓モデリングとコンピュータシミュレーションが導く不整脈研究の世界. 心臓 2010, 42(Suppl.4):208-215, 2010. [Online Library]
  6. 井尻 敬, 高山 健志, 横田秀夫, 五十嵐 健夫. 柔軟物体のためのアニメーションデザイン手法. 映像情報メディア学会誌, 64, 2, 2010. (解説記事)
    [Online Library]

国内学会・研究会(招待講演)

  1. 井尻敬, 吉澤信, 横田秀夫, 五十嵐健夫. X 線 CT を利用した花の三次元モデリング. 画像電子学会, Visual Computing / グラフィクスと CAD合同シンポジウム 2014. 2014年6月28日(招待講演).
  2. 井尻敬, 大和田茂, 五十嵐健夫. 植物のモデリングにおけるプロトタイプデザインと3次元形状生成のシームレスな統合. 画像電子学会, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2006, 6月22-23日, pp. 95.
  3. 井尻敬, 大和田茂, 岡部誠, 五十嵐健夫. 花式図・花序:生物学の知識を利用した花のモデリングインタフェース. 画像電子学会, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2005, 6月16-17日, pp. 99-100.

国内学会・研究会(講師・基調講演)

  1. 井尻敬, 対話的なX線CT画像の領域分割法とその花・昆虫モデリングへの応用,第2回嚥下シミュレーション研究会, 武蔵野赤十字病院,2016年11月12日.
  2. 井尻敬. 画像からの形状モデリング,形状に基づく画像処理, CEDEC 2014, パシフィコ横浜,2014年9月2日.
  3. 井尻敬, 輪郭線を用いた領域分割ソフトウエア VoTracer, 現物融合型エンジニアリング専門委員会,第50回例会, 2013年6月28日.
  4. 芦原貴司,井尻敬,山口豪,高山健志,五十嵐健夫,難波経豊,島田達生,原口 亮,中沢一雄, バーチャルハート:プルキンエ線維網のモデリング. 第2回田原淳顕彰公開シンポジウム,2008/10/18,基調講演I,中津.
  5. 井尻敬, 横田秀夫. Graph CutとFiber Meshを利用したVolume Segmentation手法, VCADシステム研究会, 第23回定例研究会, 東京,2010年2月5日.
  6. 井尻敬, スケッチインタフェースによる直観的な形状モデリング手法, 画像電子学会, 第33回秋期セミナー, 東京農工大学,2009年9月17日.
  7. 井尻敬, スケッチインタフェースによる植物のモデリング, Esper2006,未踏集会,東京,2006年5月20日.
  8. 井尻敬, 手描きスケッチによる花のモデリング手法, 可視化情報学会, 第12回ビジュアリゼーションカンファレンス, 東京,2006年10月27日.

国内学会・研究会・シンポジウム(口頭発表)

  1. 新野大輔, 他. タイトル, エンターテインメントコンピューティング, To appear. (査読なし)
  2. 井尻 敬, 藤堂 英樹, 小檜山 賢二, 平林 晃, 土橋 宜典. X線CTと写真を用いたテクスチャ付き三次元モデルの生成法, Visual Computing / グラフィクスとCAD 合同シンポジウム, 一橋大学 一橋講堂, 2017年 6月 23日・24日. (査読あり)
  3. 菊池博史, 川見亮介, 平林晃, 井尻敬, 嶋村重治, 金寛, フェーズドアレイ気象レーダによるネットワーク観測のための圧縮センシングデータ転送に関する一考察, 信学技報, vol. 116, no. 318, RCS2016-197, pp. 35-40, 京都市国際交流会館, 2016年11月24日. (依頼講演)
  4. Tang Chenmin, 稲室憲人, 井尻敬, 平林晃, ダブルスパースモデルとオンライン辞書学習を用いた高速MR撮像法, 電子情報通信学会 第31回 信号処理シンポジウム, 2016年11月8-10日.
  5. 柴田基, 稲室憲人, 井尻敬, 平林晃, SDMMに基づくCS-MRIのための高精度再構成アルゴリズム, 信学技報, vol. 116, no. 39, SIP2016-12, pp. 59-64, 愛知県名古屋市(名古屋大学) 2016年5月19日. link
  6. 井尻敬, 医用画像のための対話的領域分割法とその植物モデリングへの応用, 生体医用画像研究会 第3回若手発表会, 2016年3月12日.
  7. 上田雄太,中沢一雄,井尻敬,稲田慎,大星直樹. 先天性心疾患三次元モデル作成ツール, 情報処理学会第78回全国大会,慶応大学矢上キャンパス,2016年3月10-12日.
  8. 中沢一雄, 井尻敬, 小山裕己, 中島一崇, 五十嵐健夫, 稲田慎, 原口亮, 奈良崎大士, 岩田倫明, 芦原貴司, 神崎歩, 黒嵜健一, 坂口平馬, 市川肇, 白石公, 先天性疾患心臟の形状抽出と心臓レプリカを想定したマルチタッチブラウザ開発, 第51回小児循環器学会総会・学術集会, ホテル日航東京,2015年7月16-18日.
  9. 井尻 敬,X線CTを用いた形状モデリング技術とその応用, エンターテインメントコンピューティング メタ研究会, 石川県金沢市,2015年8月23-24日.
  10. 中沢一雄,稲田慎,谷昇子,原口亮,奈良崎大士,桑田成規,岩田倫明,五十嵐健夫,小山裕己,井尻敬,芦原貴司,神崎歩,鍵崎康治,市川肇,黒嵜健一,坂口平馬,白石公, 第50回日本小児循環器学会総会・学術集会, 医学・医療分野におけるコンピュータシミュレーション技術の可能性:先天性心疾患分野の診療支援に向けたシステム開発, シンポジウム(招待), 岡山,2014年7月3-5日.
  11. 中沢 一雄, 小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 谷 昇子, 岩田 倫明, 奈良崎 大士, 原口 亮, 桑田 成規, 神崎 歩, 黒嵜 健一, 白石 公. タブレットPCによるマルチタッチインタラクションを活用した先天性心疾患のための診療支援システム. 第 33 回医療情報学連合大会, 神戸,2013年11月21-23日.
  12. 井尻 敬,吉澤 信,佐藤 雄,伊藤 雅昭,横田 秀夫. Bilateral Domain に拡張した陰関数による画像領域分割法. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2013,青森市,2013年6月22-23日. (査読有り)
  13. 小山 裕己, 五十嵐 健夫, 井尻 敬, 稲田 慎, 白石 公, 中沢 一雄. マルチタッチによる弾性体オブジェクトとのインタラクション手法の開発. Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2013,青森市,2013年6月22-23日.(査読有り)
  14. 井尻敬, 芦原貴司, 梅谷信行, 原口亮, 横田秀夫, 五十嵐健夫, 中沢一雄, 心臓拍動計算のための異方性弾性を考慮したShape Matching法, 日本生体医工学会, 2012年5月10-5月12日.
  15. 井尻敬, 芦原貴司, 梅谷信行, 原口亮, 横田秀夫, 五十嵐健夫, 中沢一雄, Shape Matching法を用いた心臓拍動の計算手法, 日本機械学会バイオエンジニアリング部門 生物機械システム研究会, 大阪大学,2011年12月12日.
  16. 上野大樹, 井尻敬, 井上雅弘, 田尻雄大, 大古美治, 槙山和秀, 山中弘行, 佐野太, 林成彦, 中井川昇, 小川毅彦, 上村博司, 矢尾正祐, 窪田吉信, 3D model 作成ツール(V tracer)の腹腔鏡下腎手術シュミレータ―における有効性の検討, 日本VR医学会,第11回大会,奈良先端科学技術大学院大学,2011年8月27日.
  17. 井尻敬, 芦原貴司, 梅谷信行, 原口亮, 横田秀夫, 五十嵐健夫, 中沢一雄, 幾何制約に基づく運動計算手法を用いた実時間心臓拍動シミュレーション, 第50回日本生体医工学会大会,東京電機大学,2011年4月29-5月1日.
  18. 井尻敬, 横田秀夫, 輪郭編集による三次元抽出領域の修正インタフェース, 情報処理学会,第142回グラフィクスとCAD研究発表会,慶應義塾大学,2011年2月8-9日.
  19. 井尻敬, 芦原貴司, 梅谷信行, 原口亮, 横田秀夫, 五十嵐健夫,中沢一雄, インタラクティブな心臓の拍動シミュレーション手法, 日本医療情報学会,第30回 医療情報学連合大会,浜松市,2010年11月19-21日.
  20. 梅谷信行,五十嵐健夫,井尻敬,後藤陽一,鍵崎泰治,黒嵜健一,岩田倫明,谷昇子,原口亮,中沢一雄, 対話的な形状編集機能と血流予測機能を備えた先天性心疾患のための説明用シェーマシステムの開発, 日本医療情報学会,第30回 医療情報学連合大会,浜松市,2010年11月19-21日.
  21. 原口 亮,芦原貴司,八尾武憲,難波経豊,藤堂貴弘,井尻 敬,高山健志,梅谷信行,五十嵐健夫,池田隆徳,中沢一雄, 心室較差と線維走行ねじれがスパイラルリエントリーの動態に与える影響:3次元心室壁モデルによるシミュレーション研究. 第25回心電情報処理ワークショップ(JSCE2009),神戸市,2009年10月17-18日.
  22. 井尻 敬, 高山 健志, 横田秀夫, 五十嵐 健夫,柔軟な物体の能動的な動作の表現手法, 画像電子学会, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム,旭川市,2009年6月25-26日. VC賞受賞. (査読有り)
  23. 井尻 敬, 高山 建志, 五十嵐 健夫, ゲームのための柔軟なキャラクタの動作デザイン, 映像情報メディア学会, デジタルコンテンツシンポジウム,千葉市,2009年6月10日. 船井賞受賞. (査読無し)
  24. 井尻 敬, 横尾美星, 河鰭実之, 五十嵐 健夫, 開花アニメーションのための花弁の成長シミュレーション, 画像電子学会, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2008,国士舘大学,2008年6月21日.優秀研究発表賞受賞.(査読有り)
  25. 岡部 誠, 高山 健志, 井尻 敬, 五十嵐 健夫,ライトシャワー:傘とプロジェクタで作る安価な照明装置, エンタテインメントコンピューティング2007. (ベストプレゼンテーション賞受賞(発表者は岡部誠))(査読無し) [preprint(.pdf)]
  26. 中沢一雄, 原口亮, 大森健太, 八木隆宏, 吉冨紘平, 稲田紘, 高山健志,井尻敬, 五十嵐健夫, 電子カルテの有効利用をめざした先天性心疾患のためのベクトルシェーマ・システム, 医療情報学会 第27回医療情報学連合大会, 1-l-3-1,2007年11月23-25日.
  27. 原口亮, 五十嵐健夫, 井尻敬, 高山健志, 八尾武憲, 芦原貴司, 難波経豊, 藤堂貴弘, 東将浩, 中沢一雄, 患者個別の仮想心臓モデル構築効率化のための技術開発, 医療情報学会 第27回医療情報学連合大会, 3-E-2-4,2007年11月23-25日. 

国内学会・研究会・シンポジウム(ポスター・デモ発表)

  1. 木坂綺花,井尻敬,平林晃, 高速度カメラを用いた素振り練習の支援システム インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS 2016), デモ発表, 滋賀県長浜市, 2016年12月14-16日.
  2. 小島嵩道,井尻敬,片岡秀公,平林晃. 食品消費モニタリングのための切断音を用いた食品認識, インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS 2015), デモ発表, 大分県速見郡, 2015年12月2-4日.
  3. 井尻敬,中村篤志,酒井道,平林晃,宮嵜武,姫野龍太郎.高速度カメラを用いた変化球の回転解析とその可視化, インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS 2015), デモ発表, 大分県速見郡, 2015年12月2-4日.
  4. 井尻 敬, 吉澤 信, 横田 秀夫, 五十嵐 健夫. Variational Flower Modeling from Real-World Samples. 理研シンポジウム: 第2回光量子工学研究, ポスター, 75-76, 仙台市情報・産業プラザ, 2014年11月25-26日.
  5. 森田 正彦, 俵 丈展, 西村 将臣, 吉澤 信, 趙 武魁, 黒木 一平, 舛本 現, 井尻 敬, 辻村 有紀, 姫野 龍太郎, 横田 秀夫. 生物・医用画像のためのクラウドを用いた画像処理・管理システムの開発. 理研シンポジウム: 第2回光量子工学研究, ポスター, 77-78, 仙台市情報・産業プラザ, 2014年11月25-26日.
  6. 森田 正彦, 俵 丈展, 西村 将臣, 吉澤 信, 趙 武魁, 黒木 一平, 井尻 敬, 辻村 有紀, 姫野 龍太郎, 横田 秀夫, 生物・医用画像のための処理・通信システムの開発, 理研シンポジウム:第1回「光量子工学研究」, 講演要旨集, poster, 理化学研究所, 和光, pp. 77, 2013年10月31日-11月1日.
  7. 辻村 有紀, 林 彰吾, 森田 正彦, 井尻 敬, 西村 正臣, 曽我 公平, 横田 秀夫, CLSMによるアップコンバージョン粒子の生細胞内4次元観察, 理研シンポジウム:第1回「光量子工学研究」, 講演要旨集, poster, 理化学研究所, 和光, pp. 69-70, 201, 2013年10月31日-11月1日.
  8. 井尻敬,芦原貴司,梅谷信行,五十嵐健夫,原口亮,横田,中沢一雄. デジタルコンテンツEXPO 2012,展示(Innovative technology),東京都,2012年10月25-27日.(特別賞 Human)
  9. 湯田哲也,井尻敬,横田秀夫,相川直幸. 古地図の非剛体位置合わせ手法, Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2012, ポスター,2012年6月23-24日.
  10. 井尻 敬, 大和田 茂, 岡部 誠, 五十嵐 健夫, 構造と形状を分離した花のモデリングインタフェース. 第13回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS 2005), デモ発表, pp. 123-124,香川県小豆島,2005年12月7-9日.
  11. 井尻 敬, 五十嵐 健夫, Sketch L-System ストロークによるフラクタル形状生成インタフェース. 第13回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS 2005), デモ発表, pp. 149-150,香川県小豆島,2005年12月7-9日.
  12. 井尻 敬, 五十嵐 健夫, 高橋 伸,柴山 悦哉, スケッチベースの草花のモデリング, 画像電子学会, Visual Computing/グラフィクスとCAD 合同シンポジウム2004, ポスター発表, pp. 213-218,2004年6月3-4日. VC賞poster部門受賞.
  13. 井尻 敬, 高橋 伸, 柴山 悦哉, スケッチベースの植物のモデリング, 情報処理学会シンポジウム インタラクション 2004, ポスター発表, pp. 243-244, 2004年3月4-5日. 

Patents

  1. 井尻敬,姫野龍太郎, 特願2015-054616. "球体状の回転の測定装置、測定方法、ならびに、プログラム". 平成27年3月18日.
  2. 井尻敬, 吉澤信, 横田秀夫, 特開2014-203403 "境界特定装置、境界特定方法、プログラム、及び、記録媒体" 独立行政法人理化学研究所, 2014年10月27日. (特願2013-081628, 2013年04月09日)
  3. 井尻敬, 横田秀夫, 特開2012-014360, "領域データ編集装置、領域データ編集方法、プログラム、及び、記録媒体" 独立行政法人理化学研究所, 2012年01月19日. (特願2010-149462, 2010年06月30日). (特許登録済)
  4. Inventors: Radomir Mech, Takashi Ijiri, Gavin S. P. Miller, Example-based procedural synthesis of element arrangements, Patent number: 8457405, Type: Grant, Filed: February 28, 2008, Date of Patent: June 4, 2013, Assignee: Adobe Systems Incorporated.
  5. Inventors: Takashi Ijiri, Hideo Yokota, Region data editing apparatus, region data editing method, and recording medium, Patent number: 8351670, Type: Grant, Filed: February 1, 2011, Date of Patent: January 8, 2013, Assignee: Riken.
  6. (REJECTED) 井尻敬, 横田秀夫, 特開2012-010893, "画像表示装置、画像表示方法、曲線特定装置、曲線特定方法、プログラム、および、記録媒体", 独立行政法人理化学研究所, 2012年01月19日. (特願2010-149497, 2010年06月30日)

Fundation

Head
2013年度 - 2015年度 科学研究費補助金, 若手研究(A), X線CT画像と写真を用いた花の3次元モデリングの研究, 25700011.
2012年度 - 2014年度 理研基礎科学特別研究員
2010年度 - 2011年度 科学研究費補助金, 若手研究(B), 3次元生体画像の直観的な観察・処理環境の研究, 22700115.
2006年度 - 2009年度 科学研究費補助金(特別研究員奨励費), DC1,平成18年度-平成20年度,研究代表者
2005/8  - 2006/2 情報処理振興事業協会(IPA) 未踏ソフト創造事業, 「植物のモデリングシステムの開発」
2004/8  - 2005/2 情報処理振興事業協会(IPA) 未踏ソフト創造事業(未踏ユース),「スケッチベースの草花のモデリングシステムの開発」
Collaborator
2017年度 - 2019年度 昆虫を対象とした高精細テクスチャを有する3Dモデル生成の自動化(田中浩也).
2015年度 - 2016年度 循環器病研究開発費, 複雑先天性心疾患の個別化治療に必要な3次元血流シミュレーションシステムの開発研究(白石 公).
2015年度 - 2019年度 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型), コンピュータグラフィクスによる質感表現技術, 15H05924.
2013年度 - 2016年度 科学研究費補助金 基盤研究(B), 先天性心疾患の診療支援をめざしたリアルタイム心拍動・マルチタッチ変形シミュレータ, 25282138.
2010年度 - 2012年度 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型), 多階層データに基づく心臓電気現象の統合的機能シミュレーション, 22136011.